2005-08-11

青菜生活復活

私が葉っぱ喰いだということは皆様ご承知の通り。ヨーロッパ生活で体内に毒素がたまりあまり調子よくなかったのですが帰ってきてからの青菜生活復活で随分改善されてきました。ヨーロッパでの敗因は甘いのものの食べ過ぎとソーセージの食べ過ぎと青菜不足、水分不足。で、帰ってきて毎朝「青菜ジュース」を飲んでいます。(余裕があればサラダも食べる)
私は「世にも美しいダイエット」を参考にしているので世にも式の青菜ジュース。作り方はSunny's Laboratoryさんの青菜ジュースで体調を整えるのページがきれいで丁寧でわかりやすいです。
最近のマイブームは、小松菜、レモン、大葉、アロエ、カネショウのハチミツ入りりんご酢、あればキウイをミキサーで混ぜて飲んでいます。今日は小松菜、レモン、アロエ、りんご酢、きゅうりだけで作ったのですがキュウリの味が効いてておいしかった。ところで皆さんキュウリを生で食べるとビタミンCが破壊されるって知っていましたか?キュウリにはアスコルビナーゼという酵素が入っていてこのアスコルビナーゼはビタミンCを破壊します。対策として酢(レモン汁とか)をかけたり加熱したりするとアスコルビナーゼが死ぬので良いらしいです。なのでキュウリは生で食べないように気を付けています。小さい頃とかはぼりぼりと塩かけながらまるまる一本食べてたんだけどね。


参考1:キュウリについて
参考2:世にも式について
 去年のお正月過ぎから宗教じみた食事療法をしているのも皆様ご承知の通り。世にも式は厳密にやると恐ろしく厳しいし、かなり変わった方法なんで世間では賛否両論。昨年度試しに3ヶ月程ほぼ厳密にやってみた(あらゆる糖分ー砂糖、はちみつ、果糖、黒砂糖、三温糖、乳糖 などの糖分とそれらを使ったあらゆる菓子、飲料、加工食品、調味料等、米(玄米も)、そば、いも、根菜類、日本の果物(糖度が高い)の大半、アルコール、酢、糖度の高い菠薐草、キャベツ、たけのこを禁止した。水を一杯とった。化学塩もやめて自然塩に切り替えた) ところ、おそろしく体調が良くなった。まず、蕁麻疹がおさまってきた。それと肌がむちゃくちゃ変わった。長年私をみてきたおかんがびっくりするくらいよくなった。昔から肌荒れが治った事なんて全くなかったのだけど、肌荒れが治るだけでなくてキメが細かくてシミも薄くなってた。だからおかんはこの一風変わった食事療法に反対はしていない模様。実家に帰ったら小松菜とレタスと大葉とレモンを常備してくれる。(※ただし現在はその後のストレス攻撃に負けてしまい違反を繰り返しまた元の黙阿弥状態。)最近は糖分を取りすぎると体が痒くなってくる。気の持ち方かもしれんけど。そんなこんなでまたぼちぼち始めようと思ってます。

 

Keine Kommentare: